なんじゃそりゃ

2017年02月25日

先日 姉のクルマが警告灯がついて車検を取ったところに持っていったらバッテリーを交換したけどランプが消えないのでディーラーにいれて修理してと言われたらしいんだけどー と当社のお客様から相談がありました。

話の内容からチャージランプ(バッテリーの形をした警告灯)点灯なので、オルタネーターがご臨終だと思うので、代車に2~3日乗っていてもらうことにして,なんだかへんな話だな~と思いつつご来店いただきました。

現状を確認するためエンジン始動し、チャージランプ点灯を確認、さて発電されているか確認しようとボンネットを開けると…

ん… ???

ファンベルトが…

いない

どこにもいない

あらあら

ほそーくなった残骸が…

 

ということで、ファンベルトを取り付けし、チャージランプ消灯 発電量も問題なし で修理完了!!

 

それにしても、ふざけた話です。

お客さんのかわりに怒鳴り込みたいくらいでした。

原因も確認せず?わからず? バッテリー交換 しかも自社で車検取得している車両 しかも車検後1年たらずでベルト切れ、入庫したのはチャージランプを消すためで、バッテリー交換しにいったわけではありません。

バッテリーも数年前に取り換えた記憶があるそうで…

チャージランプが消えない原因もつきとめもせずディーラーに丸投げするとはなにごとかと。

ファンベルト交換だけで済んだ修理が、無駄に高額なバッテリーを買わされたあげく警告灯がついたままのいつ動かなくなってもおかしくない不安な状態で他社に丸投げなんてありえない。

プロじゃない っていうよりお客様相手の商売をする資格がない!!

 

車検や修理にまつわるぼったくり 一応 警戒してくださいね。

 

わからないから言われたことを信じるしかない それで言われるがままに支払ってしまっていることもあるかもしれません。

安い価格で不特定多数を大量に呼び込み、見積がでてびっくり すでに手をかけられているので、そこから他社に鞍替えしずらい  それで部品がだめなら 交換しないと車検が通らないなら…  と結局そのまま依頼してしまうパターンが多いようですが、

もし、あまりにも高額な見積もりが出たら一度相談してください。

見抜ける部分はあると思いますので。

 

それにしても、バッテリー交換した会社はパーツ販売大手で車検も積極的に推進している会社です。

まあ 大きな会社や宣伝広告をバンバンやっている会社がこんな感じだからこそ、うちのリピート率が半端じゃなく高くて  お客様が減らずに増える一方でいられるのかもしれませんが!!

おっと 少し自慢しちゃいました すいません(笑) マジで!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道・札幌・北区のレンタルバイク・レンタカー<新琴似・新川・屯田・花川・石狩>自動車・中古車販売 【レンタルバイク札幌 愛車工房CCS/札幌新琴似のレンタカーとレンタルバイク】